お客様に感動と喜びを——

本質の味わいを、お値打ちに提供したい、これが創業以来、美喜仁の変わらぬ思いです。

  • 一、時代の変化を見極め、お客様のニーズを常に探求すること。
  • 一、おいしくお召し上がりいただけるよう、本質を極めた料理を提供すること。
  • 一、お客様への感謝を念頭に、真心を込めたおもてなしを徹底すること。

お客様に感動と喜びを与えられるよう、社員それぞれ会社と共に成長して参ります。

『変える、変わる』事を恐れない——

老舗として地域の食を常にリード、オンリーザベストに挑戦し続けています。
現状に慢心することなく食材、サービス、システム、店舗・・すべてにおいてベストにこだわり、変革、進化を常に模索し企業価値を常に高める努力に不退転の決意を持ち邁進していきます。

思いは美喜仁に携わる人全ての幸せと地域貢献

当社は、お客様をはじめ隣人社会の一切の力をお借りして生かされている、と強く感じています。お客様と地域への感謝を忘れず、日々のご愛顧にお応えできるよう、精進します。

当社の目的は利益の追求ではなく、お客様に心から喜んでもらえる味、サービスの提供をすることです。真摯な気持ちで仕事に取り組むことで自ずと結果はついてくると考えます。

お客様に来店していただく事で幸せを感じてもらい、美喜仁をとりまくすべての人々が幸せになる事がわれわれの目標です。会社の発展、利益はお客様の喜び以外からは生まれません。一丸となってその目標に突き進みます。そして豊かな郷土づくりにも貢献していきます。

代表取締役社長 坂入 勝

美喜仁の由来

昭和29年ビキニ環礁で水爆実験が行われ、マグロ漁船第五福竜丸が被爆、人もマグロも汚染され大きな被害を受けました(広島原爆の4倍)。その年に当時営んでいた魚屋から寿司屋に転業し、放射汚染を逆手に安心で美味なマグロを召し上がって頂きたいとの願いが込められて由来となっております。